このご時世デートは割り勘でいいだろ!?

世の中の男性のみなさん

「デート代がかさむ、、、」

「毎回毎回奢りだからデートしたくない、、、」

「彼女とは会いたいんだけどデート代が、、、」

という悩みを抱えていませんか?

その悩みものすごく共感できます。

でもこのご時世、毎回男性がデート代を負担する必要なんてないのです。

そもそも、なぜ「男性が奢る」のが主流の世の中になってしまったんでしょうね。

今回はその前提を疑い、世の中の男性のデートに対しての心理的負担を

少しでも軽減できればと思います。

自分の分は自分で払う

改めて考えると至極普通のことなのですが、

「自分が食べた分は自分で払う」のは当たり前のことですよね。

男女関係になるとなぜ「男性が女性の食べた分を払う」のが当たり前に

なってしまうのでしょうか。

もちろん、男性の方が多くの量を食べているのであれば、

男性が多めに支払うべきですが、同じくらいの量を食べているのにも

関わらず男性が奢らないといけないのは納得できませんよね。

「自分の分は自分で払う」

そもそもこれが大前提にある、ということを意識できれば

心理的負担は軽減されるはずです。

このご時世デートは割り勘で良い

タイトルにもある通り、現在の日本は不景気です。

サラリーマンの賃金は年々下降しています。

女性の社会進出が進んで男女の収入差も少なくなってきています。

新卒のサラリーマンだって男女同じ金額です。もちろん女性は結婚や

出産などの人生のイベントがあり、働かない期間があるので生涯賃金で見ると

男性よりも少ないですが。

もし結婚していれば財布は共同が多いので男性が支払っても問題ないですが、

まだ付き合ってる段階のデートで男性にだけ支払わせる、

というのは少し不平等のような気がします。

ましてや、男性も女性も賃金があまり変わらないこのご時世なんだから

もう割り勘でいいじゃないですか。。。

まとめ

男女平等が叫ばれているとはいえ、「デート代は男性が支払うべき」

という価値観はいまだに根強く残っています。

しかし、これはバブル時代の価値観であって、

今の時代に合っているとは限りません。

現在の若い人(10代〜20代)は物心ついた時から不安定な経済状況の中

育ってきたのです。

無意識にあるのは「貯金」という2文字です。

コスパが悪いことは極力避けます。

草食系男子が増えてきている理由の一つに「恋愛はコスパが悪いから」

というものがありますが、これはまさに現代の若者を象徴している

考え方の一つでしょう。

デート代を負担しなければいけない、というのは現代の若者からすると

「コスパが悪い」以外の何物でもないのです。

しかし逆に「割り勘」が当たり前になれば恋愛に対するハードルも下がり、

草食系男子も減ってくるはずです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧