初対面で良好な関係を築く方法

みなさん初対面は得意ですか?

  • めちゃめちゃ人見知りする
  • 一言も話せない
  • 知らない人がいるだけで緊張する

などなど、日本人は基本的にシャイな国民性なので初対面が

不得意な人が多いです。

でも、話しかけたい人や仲良くなりたい人がいるのに話しかけられないと、

いろんなチャンスを逃しますよね。

この記事では、初対面から良好な関係を築く方法を3つ紹介します。

①アイコンタクト&笑顔

まず、話しかける前に話したい相手とアイコンタクトとることです。

いきなり話しかけるのではなく、アイコンタクトというクッションを

入れてあげることで相手も警戒心がほぐれます。

ここでポイントなのが、「笑顔」です。

無表情でアイコンタクトをされても怖いだけです。

「ニコッ」とした爽やかな笑顔を意識しましょう。

②挨拶&笑顔

アイコンタクトしたらいよいよ話しかけに行きます。

第一声は「こんにちは」「お疲れ様です」とかで全然いいです。

そのあとは自分の聞きたいことを聞くでもよし、世間話をするでもよし、

自然な流れで会話を続けてください。

またまたここでポイントになってくるのが「笑顔」です。

むすっとした無愛想な人に突然話しかけられたら警戒しますよね?

女性であれば逃げ出すかもしれません。

なので「ニコッ」とした爽やかな笑顔で一言

「こんにちは!僕は○○って言います!宜しくお願いします!」

という感じで入っていって「お仕事何されてるんですか?」

などにつなげていけばOKです。

人間は「話の内容」自体はそこまで意識していなく、

主に視覚と聴覚から相手の情報を得ているので、

表情や声質は思っている以上に重要である。

なので「面白い話」をする人よりも「爽やかに挨拶ができる人」の方が

好印象を持たれやすいのです。

③名前を呼ぶ

相手の名前がわかったら何か会話する前に相手の名前をワンクッション

として入れましょう。

例えば

「○○、あの料理食べましたか?」

「○○さんは休日は何をされているんですか?」

などなど

「初対面だと恥ずかしいから名前で呼べない!」という人も多いかと思います。

でもだからこそ、積極的にこのテクニックを使って

周りと差をつけていきましょう。

名前を呼ばれると相手に親近感が湧きませんか?

自分の名前というのは、一番聞き慣れていて心地の良い音です。

また、名前を呼ばれると存在をしっかり認識されている

と感じることができます。

まとめ

初対面からでも良好な関係を築く方法3つ

①アイコンタクト&笑顔

②挨拶&笑顔

③名前を呼ぶ

とりあえずこの3つを徹底すればかなりの高確率で

相手に覚えてもらえるでしょう。

また、初対面からでも良好な関係を築くことができるはずです。

初対面が苦手な人はぜひお試しあれ!

コメントを書く







コメント内容


商品一覧