人間関係を良好に保つ方法

みなさんは人間関係に関して悩みはありませんか?

  • 彼女とよく喧嘩する
  • 親が全然話を聞いてくれない
  • 友達と不仲になっている

などなど、人間は誰しも少なからず人間関係より生じる悩みを抱えています。

「人間のすべての悩みの根源は人間関係から生じる」と

アドラー心理学も言っています。

では、できるだけこの人間関係を良好に保ちさえすれば、

生きるのが楽になるのではないでしょうか。

この記事では、人間関係を良好に保つ方法をいくつか紹介していきます。

①相手の話を最後まで聞く

大前提として、基本的に人間は自分の考えが正しいと思っています。

しかし、人間の考えを正解不正解という概念でカテゴライズしてしまうと、

みんなが生きにくくなってしまいます。人の考えは十人十色でその人にとって

正解であれば、他人から見て不正解でも、それは正解なのです。

例えば、日本では大学を卒業したら就職するのが当たり前とされていますが、

アメリカでは独立志向の人が多く、人口の3分の1はフリーランスです。

果たしてアメリカ人に対してフリーランスは非常識で、サラリーマンこそが

正義だ!と主張できますか?

サラリーマンもフリーランスも起業家も自分で選んだ道であればそれが

正解になるのです。

なので、相手の話を否定せずに最後まで聞いて共感してあげることで、

「この人は自分のことをわかってくれてる!」と感じ自然に良好な

人間関係が築けていくのです。

②相手の話を聞く時にリアクションを取る

会話している時にきちんと相槌を打てていますか?

意外とできていない人が多いのがこの相槌です。

うなずいたり、話題によって表情を変えるだけでも相手は

「あ、この人はちゃんと私の話を聞いてくれてるんだな」と感じるはずです。

逆に、めちゃめちゃ無愛想で何の相槌も打たない人に

心を許したくはなりませんよね。

とても基本的なことですが会話中の相槌や表情は

「あなたのことを尊重していますよ、ちゃんと聞いていますよ」

ということを相手に伝えることができます。

自分の話をちゃんと聞いてくれる人のことは大切にしたくなりますよね。

お互いを大切にし合えば自然と良好な人間関係を築くことができるはずです。

まとめ

人間関係を良好に保つ二つの方法

①相手の話を最後まで聞く

②相手の話を聞く時にリアクションを取る

ものすごく基本的なことで「今更何言ってんの?」

と感じる人もいるかと思いますが、意外にできていない人が多いのです。

「自分の話を相槌やリアクションをきちんと取りながら最後まで聴き、

共感し尊重してあげる」

こんな丁寧に自分を扱ってくれる人を無下にできますか?

自分も相手にそのような態度を返したくなるはずです。

その結果、お互いがお互いを尊重し合うことになり、

良好な人間関係が出来上がります。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧