自分に余裕をつける具体的な方法

みなさん

  • ぶつかられると舌打ちしたくなる
  • 店員の態度が悪いとイライラする
  • 部下が敬語を使わなかったらイライラする

などなど、ちょっとしたことでもイライラする時ってありますよね?

これは自分に余裕がない時に起こる一時的な現象です。

自分に余裕がある時

例えば

  • 気になる子に告白したらOKだった日
  • 自分が好きなことだけをして満たされた日

など、幸福感や充実感で満ち溢れている時

ちょっとした他人の言動でイライラしますか?

恐らく少しイライラすることがあっても「ま、いっか」で済ますことができるはずです。

なのでイライラを避けるには常に自分を余裕のある状態にしておけばいい、ということになります。

では、常に余裕を保つ具体的な方法を説明していきます。

しっかり食べ、休む

まずは人間として基本的な欲求である「食欲」と「睡眠欲」を満たしましょう。

よく聞く話ですが、ストレス発散の方法に「とにかく寝て、美味しい物を食べまくる」というものがあります。これは人間の欲求にダイレクトに訴える行為なので効果は抜群です。

逆にここが欠如しているとすぐにイライラしたりします。

なのでまずはこの基本的な人間の欲求を満たしてあげましょうね。

好きなことをして充実感を得る

自分の好きなことだけをしましょう。

好きな映画を見る、好きな音楽を聴く、好きな人とだけ付き合う、好きなものを食べる、好きなスポーツをする、そして充実感や達成感を追求する。

これを続けていれば自然と生活が充実し、自分に余裕が持てるようになるはずです。

自分の嫌なことや好きでもないことを続けているとだんだんと心が疲れてきます。

心が疲れるということはイライラしやすくなるということです。

人と関わらない時間をつくる

イライラが生まれる原因は主に人間関係です。

「人間のすべての悩みは人間関係から生まれる」と、かの有名なアドラーも言っています。

なので人間と関わらなければイライラも生まれません。

どうしても余裕が持てなくてたまらない時は、学校を休むなり、有給を使うなりして自分を守ってあげましょう。エネルギーがチャージできたらまた動き出せばいいのです。

まとめ

  • しっかり食べ、休む
  • 好きなことをして充実感を得る
  • 人と関わらない時間をつくる

この3項目を徹底してあげるだけで、自然と自分に余裕ができ、人にイライラすることは少なくなるはずです。

逆に

  • ご飯も全然食べていない
  • 睡眠も全然取っていない
  • 嫌いなことばかりしている

という状態で余裕が持てるはずないですよね。

上記の3点はどれも基本的なことばかりですが、とても大切なことなのです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧